「競艇のため金が必要」 ATMから1億円を盗んだALSOK警備員 なるほどの“手口”と逮捕直前までバーベキュー|FNNプライムオンライン

FNNプライムオンライン
引用:FNNプライムオンライン

「競艇のために…」現金を守るべき立場の警備員が現金抜き取りで逮捕

今年始め、1月5日に警備会社のALSOKに勤務していた33歳の男が逮捕されました。

本来、ATMの現金を守るための警備員があろうことか、業務中に多額の現金を盗むという驚きの事件が起きた。角川恵太容疑者(33)は、警備会社ALSOKに勤務していた2021年10月、千葉県内の6つのATMから、現金およそ1億円を盗んだ疑いで、5日、逮捕された。

2011年に入社以来、10年ほど、金融機関から管理を委託されたATMの警備輸送などの業務を担当していた角川容疑者。ところが、ATMの点検や掃除などのメンテナンス業務を行っていた際、6カ所のATMから、合わせて9589万円を盗んでいたという。

FNNプライムオンライン

記事によれば角川容疑者は警備員という立場を利用し、千葉県内の6つのATMから現金およそ1億円を盗んだとされています。

本来ATMから現金を運ぶ作業などはこのような窃盗を防ぐために必ず2人以上で作業をするように定められています。実際、そのような場面を見かけた事があるという方も多いでしょう。

しかし、角川容疑者が犯行を行ったのは「1人の時」との事です。現金を動かす作業には前述のように2人以上で行う決まりがあるものの、メンテナンスのように現金に触れない作業に関してはそのような規定がなく、角川容疑者はそのタイミングで犯行に及んだとの事です。

調べに対し、角川容疑者は「俺のやったことに間違いありません」と犯行を認め、「競艇をするために金が必要だった」と供述。盗んだ多額の金はギャンブルを含め“遊ぶ”ために使っていたようだ。

FNNプライムオンライン

調べに対して角川容疑者は犯行を認めつつ、その動機について「競艇で遊ぶための金」と説明しています。

現在では競馬やボートレースなどは公営ギャンブルでありつつも一般にも人気が出ており、一昔前の「ギャンブル狂の中年」だけのものではなくなっています。

しかし、ギャンブルはギャンブルですのでそれで身を持ち崩すという例は未だに多く、その結果このような犯行に及ぶ者も出ます。

ボートレースはあくまで趣味程度に楽しみ、のめりこみ過ぎには注意が必要でしょう。

ただ、これだけの金額をギャンブルのために盗む、というのはいささか不自然でもあります。窃盗や横領で得た大金を隠すためにギャンブルで使ったという事にする手口も良く聞く話ではありますが、これ以上は捜査の結果判明する事でしょう。

引用元:https://www.fnn.jp/articles/-/297314

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください