競艇好き蛭子能収の大穴狙い論を調査

蛭子能収

競艇好きで有名な芸能人の1人、蛭子能収さん!

ですが、舟券の購入方法はいつも大穴狙いらしい。

人生で稼げているのか?

というと、実は・・・・

かなり負けているみたい。。

 

しかし、大穴狙いの蛭子論があり、少し興味をもちました。

ひょっとしたら、稼げる見込みのある方法だったので、調査ついでにその内容を報告してみたいと思います。

 

まずは、その蛭子論とは?

「1256」「235」「245」このボックスを購入する方法です。

全部で36点となります。

的中したら高額配当になる感じがありますね!

果たして的中率はどうなんでしょうか。そして、配当は。

 

ここは、勝負する競艇場もポイントになりそうですね。

1号艇の勝率が高い競艇場で勝負しても的中しない可能性が高いので、できる限り荒れやすい競艇場で勝負してみました。

 

12月10日の多摩川競艇場、初日で勝負してみました。

実際に舟券もかけました(^_^;)

儲かることができたのか?

 

では、その日の結果がこちら

蛭子論結果

1レース36点なので

3600円×12レース=43200円

以上の回収だとプラスですね。

上記の表を見ていただければわかると思いますが、

回収金額は全部で

81630円の回収金額となりました!

プラスになりましたね!

 

この蛭子論は使えるのか!?

36点と多いので、トリガミになるレースもありますが、今回の結果だけ見ると成功です!

荒れにくい競艇場だとはっきり言ってこの方式は難しいか・・・。

と言っても、高額配当がでないとプラスにならないと感じました。

 

みなさんも他のレースで試してみてください!

成功率はどれくらいあるのか、これからの調査が楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。