山陽新聞社杯は船岡 洋一郎選手が優勝を飾りました!

児島で開催された「山陽新聞社杯」は、登録第4398号の船岡 洋一郎選手(広島支部)が全艇0台スタートという激戦の中、しっかりと逃げ優勝を飾りました!
直後のインタビューでは「みんなスタートを決めてくると思ったので全開で行きました!練習の時は気になったところも、レースになると行ってくれたので、モーターが良かったんだと思います。」と笑顔でコメント。(写真は真顔ですが笑)
今回で連続優勝となったことも踏まえ今後については、「優勝出来るときは獲りに行きます!優勝回数を増やして行きたいと思います!」と力強く締めくくって頂きました!
船岡選手は今回が児島初優勝!本当におめでとうございました!

次節は8月4日(水)から6日間の日程で、「第1回ファジアーノ岡山杯」を開催いたします。倉敷市をホームタウンの1つとする、J2リーグ所属のプロサッカーチーム「ファジアーノ岡山FC」の呼称をレースタイトルに、水上で熱い闘いが繰り広げられます。
注目は昨年SGオールスターで念願のSG初優勝を飾った篠崎仁志(福岡)。地元SGクラシックでも準優勝と活躍をしており、8月末の蒲郡メモリアルに向けて勢いづけたいところ!
直近SGオーシャンカップで準優まで駒を進めた秦英悟(大阪)や7月に児島で優出したばかりの岡村慶太(福岡)、児島で優勝経験のある近江翔吾(香川)からも目が離せません!
また先日鳴門で待望の初勝利を飾った地元の川崎智稔を始めとする、若手・新人選手にもご期待下さい!

ボートレース児島では感染症対策を徹底して開催しております。
詳細につきましては、下記URLからご確認ください。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください