出目パターンを読んで的中を狙おう!その1

出目パターン

出目パターンで的中を狙うという方法ですが、これはどうゆうことなのか。

単純にスタートタイミングがどのようになるか。

1号艇、2号艇がどのような動きをするのか。

を、確認しパターンを読んで舟券を的中させるということです。

例えば、単純にスタートがどの選手も差がなく同じタイミングでスタートした場合は、1号艇の勝率が80%以上あるということになります。

紐として2号艇が入るか差し狙いの4号艇が入るパターンが高くなる。

この出目パターンを見つけて、どの選手がどのような動きをするかによって舟券を読んで的中させるということです。

まだ何を言っているのかわからない人がいるかもしれませんが、以下を読んでもらえれば私の言いたいことがわかってもらえると思いますので、興味がありましたら確認してみてください。

今回はすべてインコースから1号艇、アウトコース6号艇

スタート

このパターンの場合での出目での確認とします。

スタートが横一戦の場合

それは定番というか王道の出目パターンです。

内側のインコースが勝利し、2.3コースがそのまま続いて勝利することが多いです。

【定番の出目パターン】

1-2・1-3

競艇のレースではこのパターンが一番多いとされています。

そのため、この出目で勝負する場合は的中率が高いが配当が低いことが多いでしょう。

2号艇が出遅れた場合

これは1号艇が勝利する確率が格段に上がります。

外からつめてくる警戒がなく、練習通りにターンを決めればそのまま勝利できます。

1号艇の勝率が90%ある展開と言っても良いでしょう。

その後は3号艇が紐に入る確率が高い!

【定番の出目パターン】

1-3

2号艇の選手がフライングをもっていたり、苦手な選手だと思ったときはこの出目狙いですね。

2.3号艇が出遅れた場合

この場合は、もちろん1号艇が勝利確率が上がると思いきや、逆に角イチの差し狙いの4号艇が差しやすくなり、1号艇を差して交わす確率が高くなります。

【定番の出目パターン】

1=4

もれもそこそこあるあるのパターンですが、4-1で多少の高額配当を狙える可能性があります。

4号艇に実力のある選手が入っている場合はこの展開になった場合は、しっかりと差して勝利することがあるのでチェックしておきましょう。

3号艇が出遅れた場合

この状況の場合は1号艇と2号艇の一騎打ちの展開が多いのは確かだが、4号艇が2号艇の外を狙ってつけまいする展開となります。

理由としては3号艇が出遅れているので差しが危険となり、無理に勝負してくる選手はいないでしょう。

ここで、4号艇がつけまいにいったところでチャンスとなるのが5号艇

差し狙いすることができ、1、2、4号艇で激しい争いが起こった隙を狙って5号艇が差して勝利することが有り得ます。

【定番の出目パターン】

1=5・2=5

確率としては高くはありませんが、この状況での出目パターンは5号艇を絡めた舟券が多くなるでしょう。

まとめ

この出目パターンを読むにはどのようにしたらよいのかは、やはり選手とそのモーターの見極めでしょう。

それを読み切れば、出目パターンでの勝負でどんどん的中率が上がっていくでしょう。

その際に、オッズは様々ではありますが、あまり実力のない選手がインコースとなった場合でも迷わず的中を狙えて思った以上の配当をゲットすることができるかもしれませんね。

その他の出目パターンもたくさんありますので、この出目パターンについて面白いと思った方は、その他の出目パターンの記事を読んでみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。